アーユルヴェーダの夢の話★☆

こんにちは♪

恵比寿本店の伊藤です♪(^^)

今年は桜の開花が早く、もうすでに桜が散ってきてますね。

今月はどこへ行っても海外の方が多く、やはり日本の桜を見に来ているのでしょうか。

外国観光客が一番多いのは4月だと思っていましたが、4月は2番目で1番多いのは7月だそうです。

みなさんはお花見行きましたか?

私はスカイツリー周辺と目黒川へ行ってきました。

両日とも曇りのち雨で、空の色は薄暗く寒かったのですが

桜が舞い散ってとってもきれいでした♪

 

 

 

 

 

今回はアーユルヴェーダの夢のお話です。

私はOL時代に毎日夢をみてました。

夢にでてくる人物はほとんど知人で内容も現実味があるものばかりでした。

夢は、何かしら意味があるものだと思っているのですが、

現代の医学ではまだ解明されていないみたいです。

 

☆夢とは。。☆

睡眠で夢を見るのは、アセチルコリンという神経伝達物質が、視床を刺激することから始まります。

これによって眼球がくるくる動き出すレム睡眠が現われ、脳が活動を始めるのです。

夢の意味は、だいたい次のように推測されています。

・脳の記憶の整理

・うつ病の予防

・緊急時のシミュレーション

・幼児期のなごり(夢の不要論)

睡眠時にみる夢は、ほとんどが浅い眠りであるレム睡眠時です。

深いノンレム睡眠時には、ほとんど夢を見なく、見ていたしても

ノンレム睡眠時の夢は無機質なため、ほとんど記憶に残らないのだそうです。

レム睡眠は8時間睡眠の場合、一晩のうちに4~5回繰り返されます。

寝始めは5分とか10分間ですが、明け方に近づくに従って長くなっていきます。

そして、覚えている夢というのは、直前のレム睡眠に見ていた夢だといわれています。

一晩のうちに人は2時間ほどのレム睡眠を取りますから、毎日映画一本分の夢を見ているわけです。

 

 

☆ドーシャ別睡眠☆

 

VATA

寝つくまで時間がかかる。

夜中も何回も起きる。

 よくねむれたり、ねむれなかったり、日によってちがう。      

疲れていたらよくねむれる。(そのときは起こしても起きない。)      

ねたまま歩いたり、ねごとを言ったり、歯ぎしりをする。    

 朝おきてもあまり元気じゃない。      

 旅行の前など興奮してねられない。

 

PITTA

簡単にねむれる。しかし、睡眠は浅い。     

 元気よく起きれる。

もし夜中に起きてもすぐねられる。

 

KAPA

すぐねむれる。

深い。

誰も起こさなかったらいつまでもねむれる。  

 

 

☆ドーシャ別夢☆ 

 

VATA

しょっちゅう、いっぱい見る。でも覚えてない。 見たり見なかったり不規則。

夢を見た、というのは覚えているが、忘れやすく、部分的にしか覚えていない。

必ずしも色があるとは限らない。

◆ こわい夢。

◆動きまくっている夢。      

◆乗り物の夢。

◆空を飛ぶ夢。

◆追いかける、追いかけられる夢

◆高いところから飛び降りる、落ちる夢

 

 PITTA

夢をみたら覚えている。

火とか光とかエネルギーに関係した夢が多い。

いろんな色がついている。   (白黒でない夢が多い。)

◆何か売ったり、買ったりする夢。

◆喧嘩、言い争いしている夢

◆ 大声で怒鳴っている夢

◆戦う夢

 

KAPA  

あまり夢を見ない。

◆落ちついた夢。

◆水とか川とか静かな湖や穏やかな海の夢

◆動きのない風景や自分の状況の夢

 

最近、こういう夢をみるな~と思ったら、そのドーシャが支配されている可能性があります。

自分で気づいていない隠れたドーシャが影響されていることに気づくかもしれません。

私は最近は海に行っている夢をみたのでやっぱりカパが強いんだなとおもいます。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

新着ブログ一覧

2019.04.03 春野菜とアーユルヴェーダでデトックス
2019.03.30 プクロー日記 「カパの悪化を防ぐ、生はちみつ」
2019.03.27 春は身体の中も雪解けです
2019.03.27 プクロー日記 「アーユルヴェーダって何?」
2019.03.11 3.11 エクスパンスの想い
ブログトップへ