エクスパンス アーユルヴェーダでシュクラ(生殖器)の力を高めよう!

*エクスパンス アーユルヴェーダで妊活*

妊娠で大切な要素があります!

①土壌=子宮  ②種=健康的な受精卵

③時期=性行のタイミング

※カパの時間帯: 6時~8時/20時~22時

※冬は3日に1回の体力があるので、性行が良いです。

④栄養=子宮の環境

 

『子宮力を高める習慣を。』

・なるべく同じ時間帯に食事をする(乱れてくると自律神経が整いずらい原因に)

・身体を温める食材を意識してとる(しょうが・にんにく・ネギなど香味野菜、根菜類)

・子宮をふわふわにする(ルイボスティーをとるようにする)

 

『月経サイクルに合わせた食事をする』

月経期:ヴァータの風の力で経血、古くなったものを体外へ押し出します

食事:温かく汁気のもの消化できる量で食べる

卵胞期・排卵期:カパ 卵巣内で卵子の元となる卵胞が成熟する。

カパの結合の力をより高めることが大切。

食事:栄養のあるもの。野菜スープ、全粒粉のパン、アスパラ、ビート、シャタバリがおすすめ

黄体期:ピッタ黄体ホルモンの働きにより体温が高く熱が増えていきます。

体を熱くするような行動は避け、水分をしっかりとりヨガや呼吸法・瞑想でクールダウンを!

 

それでも、、なかなか生活を変えられない!というときは(*^_^*)♪

*ハーブがおすすめ*

○シャタバリ○ 『100人の夫を持つ』という意味

インドの生薬では女性の処方薬のうち少なくとも50%に使われる程、大切なハーブ。

生殖器系に強壮作用と若返り作用がある!といわれています。

○アシュワガンダ○ 男性が飲むと特にイイ!とされています

辛味・酸味・塩味・アルカリ性のものは摂りすぎないように。

ラズベリーリーフや、ローズヒップもおすすめ♪♪

 

⇒⇒⇒ アーユルヴェーダの考え方に、人間の作られ方には順番があり、

『 血液→体液→筋肉→脂肪→骨→神経・骨髄→最終的に作り上げられるのが、生殖器  』

生殖器がうまく機能をしていないという事は、

身体全体的にも不調がある証拠!!

 

アーユルヴェーダのアヴィヤンガ(オイルトリートメント)で、内側から改善をはじめてみませんか?

最後に(*^_^*)アーユルヴェーダでは、『愛こそが一番の強精剤』と述べられています。。

 

是非、お疲れを アーユルヴェーダ専門エクスパンスへ お越し下さいませ。

HP: http://www.expanse.jp

 

新着ブログ一覧

2017.12.03 エクスパンス アーユルヴェーダでシュクラ(生殖器)の力を高めよう!
2017.10.30 11月限定!恵比寿店・池袋店キャンペーン詳細のご案内
2017.10.12 アーユルヴェーダ秋の過ごし方
2017.09.10 エクスパンス池袋店 プクローのお話「インド占星学」
2017.07.16 アーユルヴェーダ初夏の過ごし方
ブログトップへ