アーユルヴェーダ的 8月の快適な過ごし方

皆様こんにちは!!

今年は例年まれにみる猛暑に見舞われている日本ですね(^-^)☆

夏がとても長く感じます。

なんとなく身体がむくんだり、上半身の疲れが辛くなったりしてないでしょうか?

 

8月は1年の中でもっともピッタが増加します!

体力・消化力・食力が一番低下するときです(>_<)

 

日本の食はとても季節のリズムと身体のリズムを整えるのに適しています。

夏はそうめんがおいしいですよね♪

ミョウガなどの薬味を入れるとほてりを静める・消化促進などの効果があるんです。

旬な食べ物はお身体にとってよいことづくめです☆

キュウリ、ゴーヤ、ナス、トマト、スイカ、メロンなどはお身体を適度に冷やしてくれます。

夏といえばバーベキューなどが楽しい時期ですが、

消化力が下がっているのでお肉など消化に重いもの食べすぎ、

アルコールのとりすぎは毒素が蓄積される原因になるので注意が必要です。

 

暑い時期には水分補給が大切です!喉が渇く前にこまめに水分をとる癖をつけましょう♪

手軽に出来ておススメなお茶は夏の定番・麦茶です!

麦茶はカフェインが含まれていないため、利尿作用も低く、水分補給に適しています。

さらに、カルシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルも含まれています。

結膜炎などにも効果的です。

 

おススメの過ごし方は、過度な運動は避け、日傘・帽子・サングラスで暑くなりすぎないこと(○・ω・○)

涼しい森でマイナスイオンを浴びたり、滝や湖を眺めてゆっくりするのも素敵です◎

冷房を強くしすぎると逆に体力を消耗してしまうことがあるので28℃くらいに設定するのが良いでしょう◎

 

出来ることから意識して、暑い夏を元気に乗り切りましょう!\(^o^)/

 

シロダーラ1

新着ブログ一覧

2018.10.01 温めたオイルのマッサージ(アヴィヤンガ)
2018.08.06 「ドーシャと心」
2018.07.31 アーユルヴェーダ的 8月の快適な過ごし方
2018.06.18 アーユルヴェーダで心も身体も軽やかに
2018.05.03 GWは食べ過ぎに要注意!!!
ブログトップへ