「ドーシャと心」

こんばんわ。
エクスパンス池袋店です。
アーユルヴェーダでは
心と心臓は同じひとつのもので
心は心臓に存在していて
3つのドーシャも心臓に存在していると考えます。
◆プラーナ
ヴァータの精神的な形をプラーナといい、生命力、生命の息吹です。
プラーナは、インスピレーションと積極性、生きよう・成長しよう・自らを治そうという意思を与え、内なる自己と結びつけます。
プラーナが静止している時は、意識は純粋で至福に満たされています。
プラーナが多すぎると、
生命力が脳と身体の繋がりを失うため、
落ち着きがなくなり、ストレスを感じ、アイデンティティーが低くなることがあります。
プラーナが少なすぎると、
精神的なエネルギー・熱意・好奇心が不足し、感受性と想像力が抑制されます。
心と感覚は鈍く重くなり、意欲を失い、態度は慎重で柔軟性を失うことがあります。
◆テージャス
ピッタの精神的な形をテージャスといい、心の火、知性です。
テージャスは、学ぶ情熱、集中力、自制、知覚、精神的な明晰さを高めます。
テージャスのもとで、純粋な至福を経験する潜在性を得ます。
テージャスが多すぎると、
過度に批判的で差別的な心、疑い、怒り、苛立ち、敵意が生まれます。
喜びを感じにくく、すぐにかんしゃくを起こします。
テージャスが少なすぎると、尋ねたり識別したりする能力が低下し、経験から学ぼうとする力を失います。
◆オージャス
カパの精神的な形をオージャスといい、身体に必要不可欠な生命の流体で、心に微細な形で存在します。
オージャスは、精神的な強さ、安定性、記憶力、満足感、至福を高めます。
本質的な心の平和であり、瞑想によって再生します。
過剰なオージャスは、心に重さと鈍さをもたらし、自己満足と成長を避ける気持ちにさせます。
プラーナ、テージャス、オージャスは、身体の中の、ヴァータ、ピッタ、カパをコントロールします。
《バランスする要素》
・瞑想
・祈り
・自学
・深い眠り
・リラックス
・色や香り
・宝石の正しい利用
《バランスを乱す要因》
・薬剤の利用(医薬用、娯楽用)
・マスメディアの影響
・テレビやネットからの過剰な影響
・明るすぎる色
・騒音
・ストレス
・間違った瞑想や呼吸法
行いは心から起こりますが
行いによっても
心はつくられていきます。
日々を過ごす
参考にしていただければと思います。
エクスパンス池袋店

新着ブログ一覧

2018.08.06 「ドーシャと心」
2018.07.31 アーユルヴェーダ的 8月の快適な過ごし方
2018.06.18 アーユルヴェーダで心も身体も軽やかに
2018.05.03 GWは食べ過ぎに要注意!!!
2017.12.16 ※エクスパンス 年末年始のお知らせ※
ブログトップへ