”舌磨き”でデトックスケア♪

皆様、おはようございます!
近頃では段々と日差しが強くなり、夏を感じさせますね。

アーユルヴェーダでは、夏は「ピッタ」が上がる季節なのですが、梅雨の時期である6月だけは「ヴァータ」が急激に増悪します。
雨による気温や気圧の”変化”、体温の低下による”冷え”などが原因といわれています。
また、冬の時期とは違い消化力(アグニ)が低下し、胃腸の調子も悪くなりやすくなります。

その対策としてオススメなのが、「舌みがき」です!
朝起きて鏡を見たら、舌が白くなっていることがありませんか?
これは消化力の低下により、体内に溜まってしまった毒素が”舌苔”となって下の表面に現われているのです。
つまり白いものは毒素であるため、毎日除去していく必要があります。

ちなみに本場インドでは“舌診(ジブハ・パリークシャ)”といい、健康面のチェックが行われるくらい舌は身体の中でも大切な部位なのです。

舌を磨くことで消化力が上がりますが、それだけではありません。

効能として、
・口臭を防ぐ
・免疫力を上げる
・排泄をしやすくする
・味覚が良くなる
・口の中を爽やかにする

など、舌を清潔にすることで多くの効果が見られます。
毎日の歯磨きと一緒に、日常に取り入れていきましょう!

やり方としては、市販のタングスクレーバー、もしくはティースプーンを横にして舌の奥の汚れをゆっくりかき出します。
あまり強くやりすぎると舌を傷つけてしまうので、加減をしながら優しく行いましょう。
また、胃腸の調子が悪いときには当店の「腸マッサージ¥3500」もオススメです!
インドの薬草オイルで胃腸をマッサージし、身体の中から巡りを整えます。

体調を崩しやすい時期ですが、しっかり体調管理をして梅雨を乗り切りましょう!!

是非、皆様のご来店をお待ちしております!

タングスクレーパー

新着ブログ一覧

2017.12.03 エクスパンス アーユルヴェーダでシュクラ(生殖器)の力を高めよう!
2017.10.30 11月限定!恵比寿店・池袋店キャンペーン詳細のご案内
2017.10.12 アーユルヴェーダ秋の過ごし方
2017.09.10 エクスパンス池袋店 プクローのお話「インド占星学」
2017.07.16 アーユルヴェーダ初夏の過ごし方
ブログトップへ