スタッフ紹介

  • Yahagi Akiko

    店長

    「人はあったかさがなくてはならない」オーナーがよく口にする言葉です。
    私が一番大切にしていることは、あたたかな接客です。
    あたたかさは私たちの手からお客様のお身体へも伝わります。
    エクスパンスにまた行きたい・・・通いたい、心身共に癒されたい。
    一人でも多くの方にそう思っていただけるよう、日々スタッフと共に技術は勿論の事手のひらからあたたかさを感じて頂くため、接客は心のあたたかさを伝える為「エクスパンス」らしい接客と技術を向上するため共に努力し協力しております。

    「笑顔はあたたかくなります。」
    「ありがとうの言葉は自信につながります。」

    皆様の御来店を心よりお待ちしております。

  • Uehara Rurika

    副店長

    最初は、自分の身近な人にやってあげたいなと言う気持ちからマッサージを学び始め徐々にお仕事にしていく中で、自分の手や存在が誰かの癒しになり「気持ち良かった」と笑顔で言って頂ける事にとても感動して、なんて幸せなお仕事だろうと感じました。そこから、奇跡的な田中社長との出逢い、エクスパンスとの出逢いがあり今日に至っております。日々のお客様との出逢いも全て奇跡的な事。だからこそお一人お一人との時間を大切に常に真剣に向き合わせて頂きます。エクスパンスという場所とアーユルヴェーダを通じてより快適で気持ち良い日々が送れるお手伝いをぜひさせて頂きたいです。
    皆様のご来店、心よりお待ちしております。

  • Akihira Yukari

    サブリーダー

    学生の頃から肌のトラブルに悩まされ、肌に関心を持つようになりました。
    様々な方法を試していく中で体の表面だけでなく内側から綺麗になれるモノはないかと思いアーユルヴェーダと出会いました。
    エクスパンスの大切にしている「あったかい心」「自分の事よりも前に人の痛みを知る」「挑戦する強さ」を持ち続け一人でも多くのお客様にアーユルヴェーダの素晴らしさを全身全霊で伝えていけるようそして心も身体も癒してあげることが出来るよう日々学んで参ります。

  • Sakurai Miho

    セラピスト

    「人を笑顔にする仕事がしたい」と思った時に、魅力のある笑顔の人は健康的な美しい心にあると感じ、また自分の手を使って人を癒してあげたいと思い、セラピストを目指そうと心に決めました。
    そんなときに、エクスパンスの社訓の一つ、“自分の事よりも前に人の痛みを知れ”に惹かれ、その言葉を胸に今現在、サロンに立っております。
    エクスパンスが大切にしている“あたたかさ”を日頃から大事に「エクスパンスに来ると身も心も癒される、あたたかい気持ちになれる」一人でも多くのお客様にそう感じていただけるセラピストでありたいと思っております。
    毎日の暮らしの中で、溜まったお疲れを癒すお手伝いをさせていただけたらと思います。
    皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

  • Tsunematsu Tomoe

    セラピスト

    前職でエステをしており、機械やハンドマッサージをしていくなかで、一番お客様に気持ちが伝わるのがハンドマッサージでした。
    もっと自分の手でお客様を“笑顔にさせ癒してあげたい”という気持ちからセラピストになりました。
    エクスパンスに入社してからは自分の手でお客様のお身体のお手伝いが出来るという事のやりがいももちろんですが、一人一人に寄り添った接客と、身体だけでなく心も癒せるセラピストという仕事に就けて“とても幸せだな”と日々感じております。
    皆様にこの手で感動していただけるよう、日々精進してまいります。
    皆様のご来店、心よりお待ちしております。

  • Okuno

    セラピスト

    もっと親身にもっと寄り添った接客とお悩み解消のお力添えがしたいと思いセラピストを志しました!
    いままで美容関係の仕事に携わっておりましたが、商品を介したおもてなしだけではなく直接触れる事で “温かさが伝わり” 更に “安心” になる!
    それこそが“癒される”ということなのだとエクスパンスで実感しております。
    エクスパンスの社訓にある“あったかい心をもつ”“自分の事よりも前に人の痛みをしる”など、5つの社訓。
    人間の持っている治癒力を活かし、自然の力を取り入れるアーユルヴェーダの技術を皆様に提供できることなどエクスパンスらしさをお客様に伝えながら日頃の疲れやストレスから逸脱した駆け込み寺のような《あったかい接客とあったかい手》そんなセラピストであれるよう常に精進し邁進していきます!

  • Hironaka

    セラピスト

    「心と身体を繋ぐ」
    前職でヨガインストラクターをしていた時に、アーユルヴェーダについても学ぶ機会があり、その時に出会った言葉です。
    身体をケアするだけでなく心も健康になるための知恵が多くあるアーユルヴェーダは私自身も日々実践する中で、毎日が豊かになっている事をとても実感しています。
    日々忙しく過ぎる毎日で身体の不調が出たり、心が休まらなかったりと身体と心がバラバラの状態をアーユルヴェーダでは様々な方法で繋いでいくアプローチが出来ます。そしてセラピストとしてお客様のお身体の不調を改善するだけでなく、心そのものにも癒しや安らぎを与え、お客様の心と身体を繋ぐ架け橋になりたいと思っております。