資格のないお店は違法?マッサージとリラクゼーションの違いと選び方

資格のないお店は違法?マッサージとリラクゼーションの違いと選び方
 
「マッサージとリラクゼーションの違いって何だろう」、「資格のないお店は違法なの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。
そこで、マッサージサロンとリラクゼーションサロンの違いや、資格の有無による違法性についてわかりやすく解説します。
 
サロン選びに悩んだ際の選び方についても紹介しているので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

 
 

マッサージとリラクゼーションの違い(メリット・デメリット)

マッサージとリラクゼーションの違い(メリット・デメリット)
 

日常的にマッサージサロンやリラクゼーションサロンを利用する人でも、それぞれにどのような違いがあるのか知らない人がほとんどです。
しかし、マッサージサロンリラクゼーションサロンは施術目的が異なるため、目的に応じて使い分ける必要があります。
 
マッサージとリラクゼーションにはどのような違いがあるのか、メリット・デメリットを含め、解説していきます。

 
 

マッサージとは

 
マッサージとは
 
マッサージとは、指圧や手での圧迫によって、身体の不調を整える施術のことです。
 
マッサージは治療を目的としているため、マッサージサロンでは保険診療が受けられる可能性があります。
ただし、保険適用で治療を受けられる症状は限られていて、肩こりや腰痛、慢性的な関節痛には保険が適用されません。
 
まれに、肩こりや腰痛、慢性的な関節痛への保険診療を行うマッサージサロンも存在しますが、保険不正利用の片棒を担ぐことになりかねないので、このようなサロンを利用するのはおすすめできません。

 
 

リラクゼーションとは

 
リラクゼーションとは
 
リラクゼーションとは、心と身体を癒す施術のことです。
 
リラクゼーションサロンによって施術内容はさまざまで、自分の好きな施術、気になる施術を自由に選べます。
身体のこわばりだけでなく、心の緊張も解きほぐせるため、日常の疲労やストレスを解消するのに最適です。
 
ただし、リラクゼーションは保険診療ができないため、価格設定が高い傾向にあります。

 
 

マッサージやリラクゼーションは資格が必要なのか?

マッサージやリラクゼーションは資格が必要なのか?
 

「マッサージやリラクゼーションを行う人は、必ず資格を持っていないといけないの?」と疑問を持っている人もいるでしょう。
 
結論からお伝えすると、マッサージを行う人は、国家資格を取得する必要があります
しかし、リラクゼーションを行う人は、資格を取得する必要はありません
 
マッサージの施術は「治療(医療行為)」にあたるため、専門的な医学知識が必要です。
そのため、あん摩マッサージ指圧師や柔道整復師、鍼灸師といった国家資格保持者でなければ行えません。
一方リラクゼーションは「心身の癒し」を目的としているため、資格が不要とされています。
 
ただし、リラクゼーションのセラピストは、自身の知識や技術を磨くために民間資格を取得しているケースが多いです。
民間資格を取得しているセラピストは、身体の仕組みや施術内容に造詣が深く、より効果的な施術を行えます。

 
 

マッサージかリラクゼーションかで悩んだときの選び方

マッサージかリラクゼーションかで悩んだときの選び方
 

マッサージとリラクゼーションは、それぞれに特化するものが違うため、目的に合わせたサロン選びが重要です。
 
ここからは、マッサージとリラクゼーションどちらの施術を受けるか悩んだ時の、サロン選びのポイントを紹介します。
それぞれの目的ごとに選び方を解説しているので、自分のケースに合うものを参考にしてください。

 
 

ケガを治したい

 
ケガを治したい
 
打撲や捻挫などのケガの治療を目的としている場合は、マッサージを行うサロンを選びましょう。
 
ケガの治療は、身体の医学的知識のある国家資格保持者しか行えません。
リラクゼーションサロンでは、ケガのある部位を施術できないため、注意が必要です。
 
また、打撲や捻挫などの明確な原因のあるケガは、整骨院や接骨院で保険を使った治療が受けられるため、1回の施術が安くすみます。

 
 

リハビリをしたい

 
リハビリをしたい
 
「ケガの後遺症で足がだるい」など、リハビリ目的で施術を受ける場合も、マッサージを行うサロンを選ぶのがおすすめです。
マッサージを行うサロンのスタッフは、医学的な専門知識を持っているため、症状改善のための最適な施術が行えます。
 
ただし、ケガから時間が経過している場合などは、リラクゼーションサロンでむくみをとってもらうだけでも、症状が軽減する可能性があります。

 
 

事故のケアをしたい

 
事故のケアをしたい
 
「交通事故にあってしまったから、身体のケアをしたい」という場合も、マッサージを行うサロンを選びましょう。
 
事故のケアは、整骨院や接骨院で専門的なケアを受ける必要があります。
知識のない人にケアをしてもらうと、後々症状が悪化したり、症状が改善されず残ってしまうことがあるため注意が必要です。

 
 

ケガを予防したい

 
ケガを予防したい
 
「スポーツをしているから、ケガの予防をしたい」という場合は、リラクゼーションを行うサロンを選びましょう。
 
ケガの予防には、身体の柔軟性が重要です。
そのため、筋肉のこわばりをほぐし、ストレッチまで施術に含まれているサロンを選ぶのがおすすめです。

 
 

肩こりや腰痛などの慢性的な痛みを解消したい

 
肩こりや腰痛などの慢性的な痛みを解消したい
 
肩こりや腰痛などの慢性的な痛みを解消したいなら、リラクゼーションサロンがおすすめです。
 
マッサージを行うサロンでも肩こりや腰痛の解消は可能ですが、施術内容や時間の選択肢があまりありません。
リラクゼーションサロンならじっくり施術ができるため、肩や腰の重さを解消し、心身ともにリラックスできます。

 
 

ダイエットや美容目的

 
ダイエットや美容目的
 
ダイエットや美容目的に施術を受けるなら、リラクゼーションサロンがおすすめです。
 
リラクゼーションサロンでは、ダイエットや美肌、美髪に特化した施術を取り扱っています。
施術を組み合わせることもできるので、一人ひとりの悩みにあった施術が受けられるでしょう。

 
 

ストレス解消

 
ストレス解消
 
ストレス解消には、リラクゼーションサロンがおすすめです。
 
リラクゼーションサロンは、癒しに特化しています。
身体のこわばりだけでなく、心の緊張も解きほぐしてくれるため、日常の疲れを解消するのに最適です。

 
 

リラクゼーションサロンを探しているならExpanse..がおすすめ

 

当記事では、リラクゼーションサロンとマッサージサロンの違いや、選び方を紹介しました。
 
国家資格保持者の在籍するマッサージサロンは、ケガの治療を行える施設です。
しかし、慢性的な身体の痛みや美容目的には利用できません。

 

「ご予約・お問い合わせ」
⇒ お問い合わせください。

 

新着ブログ一覧

2024.02.28 セラピストに向いている人の特徴は?向いてない人は辞めた方が良い?
2024.02.20 アーユルヴェーダセラピストになるには?欠かせない準備とスペック
2024.02.20 アーユルヴェーダセラピスト未経験者が知っておきたい求人のあれこれ
2024.02.19 未経験OK?求人応募前に知っておきたいマッサージサロンの仕事内容
2024.02.16 セラピスト求人はブラック企業に要注意!優良企業を見極めるポイント
ブログトップへ